生活動線を考えて家を選ぼう

住宅を購入するときには、あることに気を付けておくことで
断然住み心地がよくなります。

そのあることとは、
ズバリ「生活動線」です。

生活動線に気を付けておくと
住み心地がよくなります。

しかし、生活動線を考えると言っても実際に住んでみないと
わかりにくいところもあるでしょう。

間取りを見ながらイメージしてみても、
思い浮かべるのは難しいです。

そこで、モデルハウスがあるなら見学に参加することがおすすめです。

モデルハウスはこれから購入しようと検討している家に
近い形で建てられているので、実際にそこで生活したときのことを
イメージしやすくなります。

キッチンに立ったときに調理をしやすいか、
買い物から帰って来て荷物を片付けやすいか、
家族が集まりやすいか、そういったことを判断するのに役立ちます。

モデルハウスに出かけると素敵な家具や
素敵な設備にばかり目が行ってしまいがちですが、
これから生活することを考えて見学することが、
住み心地のよい家を手に入れるために大切です。

素敵な家具や設備などばかりに目を向けるのではなく、
生活動線を考えてみてください。
また、生活動線を考えるとき、自分だけのことでなく、
家族全員のことを考えてください。

実際の生活空間を想像するのにうってつけのモデルハウスですが、
見学するときに気をつけたいことが1点だけあります。

それは、モデルハウスは標準設備ではなく、オプションを
使用していることがある、ということです。

そのため、購入予定の家とはドアの形や
使用している設備などが違う可能性があるのです。

そういったことを考慮せずにいると、
生活したときに不便を感じるかもしれません。

また、部屋に置く家具も違い、置く家具が違えば
住宅内の移動の仕方が変わってくるため、こういった点にも配慮が必要です。

間取り図を持っていても、どれがオプションなのかわかりにくいので、
可能ならスタッフに質問してみるとよいでしょう。

遠慮してしまうと住宅の購入で失敗する心配があります。


住宅は安いものではないので失敗しても何度も購入することはできません。
大きな買い物なので、失敗しないために疑問点などあれば、
どんどんスタッフに質問することをおすすめします。

京都のおすすめ住宅会社はこちら