無理を聞いてくれる関係づくり

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住宅を建てるのに欠かせないのが設計士さん。
自分達の希望や、プロならではのアドバイスを
形にしてくれるという点で非常に重要な役割を担っています。

しかし、困ったこと(?)に「クリエイター」という側面もあり
我々の意見が間違っていると見下されることもあります。
(全員が全員そういうわけではありませんが)
また、コスト度外視で非常に高い見積りを出されたこともあります。
そんなとき、必ず住宅会社の担当者に連絡をとって
間を取り持ってもらいました。

私達の場合は、ふらっと出かけた住宅展示場で
1番最初に接客をしてもらった方がそのまま営業担当となりました。
その方のおかげで非常に納得のいくプランができ、
実際にそのまま建てることが出来ました。

大規模な住宅会社であれば分業化されており、
住宅展示場の担当者がそのまま設計や入居まで
付き合ってくれる事はほとんどありません。

個人的には、大規模な会社ではなく
地元のメーカーにお願いしたからこそ
このようなメリットがあったのだと思っています。 

このようなメリットを活かして、自分たちが思うような
住宅をつくることが出来たのは本当にラッキーだったと思います。

我が家の場合は建売ではなく、注文住宅だったこともあり、
本当にキッチンからリビング、私の書斎、収納のあり方まで
設計の方といろいろ意見を交わしながら組み立てていきました。

そんな中で何かとお世話になったのは担当の方です。
常に交渉に同席しているわけでは無いのですが、
状況を常に把握してくれていましたので、
何か困ったことがあれば必ず間に入ってチェックをしてくれました。

またトータルの予算も伝えていたので、
オーバーしそうになったときには、
うまく調整をかけてくれていました。

もちろん、出精値引きの判断も上司とうまくしてもらい、
最後までお付き合い頂きました。 

入居してからすでに2年が経ちますが、定期的に葉書やメールが届きますし、
チェックのタイミングには技術者の方と一緒に顔を出してくれるので
非常に安心してお付き合いすることができます。

このように担当者の方が顔が見えることによって、
一生の買い物なわけですから安心感が増してくるのは
非常に良いことだと思います。 

京都のおすすめ住宅会社はこちら