注文住宅を選んで良かった点、悪かった点

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家は、子供が新たにできたことをきっかけにして
マイホームを購入することを決めた、という経緯があります。

それまでは、賃貸マンションで夫婦で暮らしていましたが、
これから子育てをしていくにあたり不便さがあるため、
広くて子育て環境が整ったマイホームを作りたいと思い決めました。

マイホームを選ぶ際に、1つの分岐点となったのが
オーダーメイドで作る注文住宅を選ぶのか
完成している住宅を選んで購入できる建売住宅にするのか、ということです。

様々な点を比較検討しましたが、自分たちの思い通りの住宅を
作りたいと考え、注文住宅を買うことに決めました。

さて、念願のマイホームですが、
良かった点、悪かった点があります。

まずは、良かった点ですが、家づくりで話し合った夫婦の意見を
しっかりと間取りに反映できたことです。

特にこだわりを持っていたリビングの広さ、子ども部屋の配置、
ウォークインクローゼットの設置などが実現できました。
さらにアーチ状のニッチスペースやカウンタースペースなど、
細かい箇所まで意見を取り入れて、家づくりができたので
後々に後悔しないマイホームを手にすることができた事が
良かった点だと感じています。

一方で悪かった件ですが、
当初考えていた予算よりも若干オーバーしてしまった点でした。

マイホームの仕様を決めていく中で、新たに追加した仕様や住宅設備があり、
最初に検討していた予算を超えてしまったのです。

予定よりも頭金を多めに出し住宅ローンの借入も増やしましたが、
仕様を決めていく中で追加したいものが増えてしまい
支出が増えてしまったのはデメリットポイントでした。

予算が超過してしまったこと以外には、悪かった点はありませんでしたので、
トータル的に考えると注文住宅でマイホームを建てられて
本当に良かったと感じています。


マイホームは、とても高い買い物となりますので、
後悔しないようにするには、オーダーメイドで仕様を決める住宅の方が
私は良いと改めて思いました。

京都のおすすめ住宅会社はこちら