注文住宅は家族の要望を反映できます

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

注文住宅は、建坪等の制約はあるものの、その中で
最大限、家族それぞれの要望を設計に織り込んでもらえるのが
一番のメリットです。

例えば、主婦の方なら料理がやり易く、
かつ楽しい気分になる流行のアイランドキッチンや、
ちょっとした家事スペースを要望される事が多いでしょう。

また旦那さんは、小さくても自分だけが籠れる書斎や
趣味の部屋を要望される事も少なくないでしょう。

さらに子供さんは、それぞれ自分のベッドと勉強机を置いた
子供部屋を希望されるでしょう。

制約の中でも、こうしたそれぞれの要望を
完全ではなくても、可能な限り実現できる点が大きなメリットなのです。

ただし、住宅を建てる際の家族構成や生活パターンはいずれ変化する事も、
忘れてはならない視点です。

私が建てた際には、設計士さんのアドバイスにより、
2階の子供部屋スペースは、男女2人の子供の独立した部屋を、
大型の移動できる家具で間仕切りして形成しました。
子供達はやがて独立して、家を出て行きます。
そしてさらに年月を重ねると孫が出来、
子供達は孫を連れて実家を訪れる様になります。
こうした生活パターンに合わせて、子供部屋の家具による
間仕切りをなくして広い部屋として使える様にし、
子供家族がやって来た時に布団を敷いて、
寝室として使えるようにしておきました。
こうしたアイデアは、素人では中々思いつきません。
しかしプロの設計士は、それぞれの要望を活かせる様にしつつ、
その後の家族の変化や生活パターンの変化にも出来る限り
フレキシブルに対応できる様に考えて下さいます。

自分達の想いをぶつけるだけでなく、
設計士さんのアドバイスにも十分耳を傾ける事が大切です。

私の住宅では、敷地面積の関係から、妻の望んだ
アイランドキッチンにはできませんでした。
しかし設計士さんは、メーカーのショールームに妻を伴い訪れ、
調理スペースの広い大きなシステムキッチンで、
背が低い妻の為にリモートスイッチでシステムキッチンの棚を
上下出来る使いやすいタイプを提案してくれました。

アイランドキッチンが設置出来ないと、少し落胆していた妻ですが、
このシステムキッチンを紹介してもらい、
結果的には大満足のキッチンとする事が出来ました。

京都のおすすめ住宅会社はこちら