注文住宅なら趣味部屋もつくれる

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新築で家を建てました。

自分なりにこうしたい、というポイントをいろいろと考え、
希望を明確にして打ち合わせをするようにしていました。

注文住宅だったので、自由度はありましたが、
その分コストはかかります。
しかし、それでもやはり自分の希望通りにできることは
嬉しかったです。

特に、私は多趣味な人間なので
趣味のための部屋を明確に作りたい、と思っていました。

どのくらいの広さにしたいのかとか
どのくらいの光の取り入れ方をするのかとか、
空調をどうするのか、等いろいろと考えることはありました。

特に、採光には気を付けるようにしました。

趣味の部屋、と一口に言っても様々なスタイルがありますが
私の場合は、出来れば地下に作りたいと考えていました。
しかし、実現するのはなかなか厳しかったのです。
地下は意外と湿気がたまりやすく、趣味のものを置くには
あまり適さないのではないか、と
工務店側からアドバイスがありました。
私は、その助言を素直に受け止め、
趣味部屋を地下につくることを断念したのです。

このように、どうするべきか・どうしたいか、ということは
自分ひとりで決めるのではなく、きちんとプロの意見を
取り入れることによって、後悔しないで済みます。

新築住宅を建てるには、それなりに時間を要します。
建売であれば、その場ですぐにというわけではないにせよ
購入してから住むまでの期間はかなり短縮できます。

しかし、折角自分なりの趣味の部屋を作りたいと考えているのであれば
あくまで自分の理想を追求していくことをおすすめします。

ですから、注文住宅で、思い通りの家づくりをぜひしていただきたいです。

住宅会社を探す際は、注文住宅を
得意としているところであるのかどうか、ということを
まずは確認するようにしましょう。


部屋の間取りはもちろんのこと、外観などもしっかりと
自分好みにすることができます。

こだわりたい部分がある方には、注文住宅が断然オススメです。

京都のおすすめ住宅会社はこちら