注文住宅で新築の家を建てました

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たち家族は親の代からの実家にずっと住んで来たのですが、
築年数を経て、あちらこちらにガタが見られるようになってきました。
このままではいけないなと思い、家長たる私は意を決しました。
新築の家を注文住宅で建てることに決めたのです。
とはいえ、私は建築の素人です。
何から手を付ければ良いのやら分からないことだらけでした。

そこで、専門の業者さんにまずコンタクトを取ってみようと、
A社に連絡を入れてみました。
すると、電話係の人の印象が大変良く、ここなら
任せられるぞという気持ちになりました。
いやあ、それにしてもやはり餅は餅屋と言いますが、その通りですね。
A社のスタッフの方に来てもらって主に妻がどういう家にしたいか、
バスルームは浴室乾燥機付きで、キッチンは対面式で、と
色々注文を付けていったのですが、さすがプロのスタッフさん、
妻の無茶ぶりにも出来るだけ奥様のお思いになった形に
造らせていただきますと明るく返事をしてくれたのです。
見積もりも思ったより高くなく、これなら私もローンを組んで
返済していけると強気になれました。

さて、いよいよ建築の開始です。
長年住んだ実家を破壊するのは少し寂しく思えたのですが、
それよりもっといい家を建てますのでというスタッフさんたちの言葉が
私たちの背中を強く押してくれました。
建築が終わるまでは、アパートに引っ越ししていたのですが、
妻がノリノリで毎日のように差し入れを持って見学にいっておりました。

そしていよいよ完成です。
あのボロ屋がここまで変わるかと思ったくらい素晴らしい
新築の家が建てられていました。

妻の注文通り、お風呂場には浴室乾燥機が備え付けられ、
キッチンは対面式のすこぶるオシャレなものとなっていました。
私の書斎も作ったんです。
私は本を読むのが好きなので、この書斎は重宝するぞと
心が躍ったのを今でも覚えています。
収納も沢山あり、文句なしの出来でした。

引っ越しし、住み始めていますが、今の所パーフェクトの出来です。
思い切って注文住宅で新築を建てて本当に良かったと思っています。

やはり施主思いの信頼できる業者に任せるのが一番だなと実感しています。

京都のおすすめ住宅会社はこちら