木造住宅の良さや魅力とは

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の家は、木造で作られた家屋です。

木造住宅の魅力は、全体的に木の温もりや暖かみがある点です。
鉄骨の住宅の方が丈夫ですが、
木には温もりがあり暮らしやすい魅力があります。

特に小さな子供と生活する中だと、自然の雰囲気が
溢れる木造の方が暮らしやすいと感じます。

子育てをしていく世帯の方にとっては、木は子供に
とても優しいので木造が好まれる傾向にあります。

木の良さには、吸湿効果も期待できる点があります。
日本は、梅雨時期など季節によって湿気も多くなる時があります。
木の特性として、湿気を吸ってくれるという特性がありますので
室内の湿気を自然にコントロールできます。
そのため、除湿効果も非常に高いのが木造の良さでもあります。

また、木造は鉄骨よりもリーズナブルな点もお勧めできる点です。
鉄骨の方が耐久性も高いですが、価格としては
木造の方が安く作れるので、初期コストを抑えられます。


木造住宅には、魅力的な点がとても多いため
木造住宅でマイホームを建てられる方は、
2020年現在でも非常に多くなっています。

私のマイホームも木造住宅ですが、木の温かみや温もりを感じられれ、
自然な雰囲気が魅力になり暮らす事が出来ています。
また、マイホームの庭に木造テラスなども設置して、
ゆったりと過ごす事も出来ています。

鉄骨に比べて耐火性や耐久性の面では、
やや劣るものの、あくまでも「比べた」場合であって
日常暮らす分には支障はありません。
そのうえで、コストが安価に抑えられ、
暮らしやすいという点では木造住宅はとてもお勧め出来ます。

私のマイホームも木造住宅で建ててから、
20年近く経過しますが未だにリフォームなどもせずに
暮らし続ける事ができています。
大きく老朽化している箇所も無く、長く暮らせているので
木造住宅で良かったと思えています。
気密性も高く、冬場でも寒くない点や湿気を木の性質で
コントロールしてくれるので、
四季のある日本ではとても過ごしやすい住宅になります。


これからマイホームを考えている場合には、
やはり木造住宅が魅力的だと思います。

京都のおすすめ住宅会社はこちら