掃き出し窓に断熱性ガラスとサッシがお勧め

注文住宅では、間取りが自由に設計できる点が
メリットとして挙げられますが、それ以外にも色々と細部に
工夫を折り込むことができます。
こだわりすぎると収拾がつかなくなるかもしれませんが、
おすすめのこだわりポイントが「窓」です。
大きな掃き出し窓がある場合、ぜひ断熱性の高い
ガラスとサッシを選んでいただきたいのです。

自由設計で家を建てる際、庭に面した部屋には大きな掃き出し窓を
設置することが多いかと思います。
これは、リビングなど室内を明るくし、かつ開放的にするため
よく用いられる方法です。

この掃き出し窓には、概ねサッシの引き違い窓を採用されることが
多いと思いますが、このガラスとサッシに断熱性を持たせるのです。
大きな掃き出し窓は開放的ですが、夏の暑さや冬の寒さなど
外気温をダイレクトに部屋に伝えてしまう、というデメリットがあります。
これを、断熱窓を使用することで防ぐのです。

断熱ガラスとしては2枚のガラスの間に空気層を設け、
それにより断熱性を上げるタイプが主流です。

サッシは、一般的なものだとアルミ製が多いです。
アルミは軽くて強度はありますが、熱伝導率が良いため
外気に寒さや暑さを室内に伝えやすいと言えます。
これを防止するサッシとして、熱伝導がアルミよりも低い
樹脂製のサッシがあります。
この樹脂製のサッシは強度に難点があるので、最近だと
外側はアルミで、内側は樹脂と言った複合断熱サッシも流通しています。

寒冷地でなければ、断熱性の複合ガラスと、
複合の断熱サッシを使用するのがお勧めです。

掃き出し窓に断熱性の高いサッシとガラスを使用する事で、
冬の暖房や夏の冷房費用を下げる効果が期待できますし、
結露防止に役立ちます。

今後は世界的に脱炭素やエコがより強く求められる時代となります。
そんな中で、断熱サッシや断熱ガラスを使用したり、
屋根や外壁塗料に遮熱塗料を使用する等の細かな工夫をする事で、
冷暖房費の削減と共に、エコに適う住宅とする事が出来るのです。


こうした視点で細かな工夫が出来るのも注文住宅のメリットと言えるのです。

京都のおすすめ住宅会社はこちら