和室は日本人の心に馴染みます

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供が生まれたのでマイホームを建てることになりました。

そこで和室を作るか作らないかという話になったのですが、
私は昔から畳の匂いが大好きで、和室があった方が落ち着くし、
作って見てもしフローリングにしたかったら
フローリングにリフォームすればいいじゃない。
ということで畳を採用しました。

実際に和室を採用してみてとても良かったと思っています。

その理由をお話ししたいと思います。

まず、イグサの香りがとても癒されますし、落ち着きます。
少しイライラすることがあったときも
和室でぼーっと温かいお茶を飲んでいるだけで
なんだかイライラがおさまってきます。

子供の遊び場としてとても良いのです。
子育て支援センターなども畳になっているように、
クッション性があるのでもし転んだとしても
怪我をするリスクを軽減してくれるのです。
フローリングの冷たさと違ってあたたかみがありますので
子供のお昼寝にも最適な場所ですし、オムツ替えにも良いです。
私は趣味でヨガをやっているのですが
ヨガマットがなくてもちょうどよい固さだなと感じています。
子育て中だったからこそ和室の良さを再認識することができたと思います。

また、収納面でもメリットがありました。
和室の収納には押入れがあるのですが
布団などをしまっておくのにちょうどよいのです。
クローゼットやウォークインクローゼットでも問題はないのですが、
奥行きがあるのでとてもしまいやすいなと思います。
夏場には使わない厚手の布団や毛布をまとめて
いれておくことができますのでとても便利です。

そして、場所を取る、クリスマスツリーや
扇風機といった季節ものもしまっておくことができます。

急な来客があったときにも客間として使用できますし、
両親がきたときにも寝室として利用してもらうことができます。
両親は高齢なので畳が落ち着くといっています。

最近の畳はカラーもいろいろとありおしゃれなものがありますし、
ポリプロピレン樹脂でできたものもあって
耐久性にも優れていますのでお手入れも簡単です。

結論:和室は大変おすすめです。

京都のおすすめ住宅会社はこちら