収納にこだわりを持つと快適に暮らせます!

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家づくりをするときは収納をどのようにするか迷うものですが、
限られたスペースを有効に活用するように考えることが大事です。

住みやすい環境にするためにも整理整頓することは重要です。
荷物が多くなれば邪魔になり、どのように置けば良いか迷ってしまうからです。

収納にこだわりがあれば、色やデザインをどうするのかから
考えるのも良いでしょう。
私は、家具や家電など見栄えが良くなることを心がけて整理し
スッキリした部屋にすることが出来ました。

部屋は家族の人数に合わせて個別に4つ作りましたが、
奥行きを利用してファイルボックスを置くと
小さいものを整理しやすくなりました。

収納グッズは100円ショップにも売っているため手軽に手に入れやすく、
デザインを確かめ快適に暮らせるように頭を使って
選ぶことができて良かったです。

小さいプラスチックケースはうまく整理をするために使いやすく、
かごは新聞や本など取り出しやすいものを入れると効果的です。

また、ボックスやケースはくっつけて置くと掃除をしにく、
仕切り版を入れてスペースを分割するとそれだけで倍以上のものが置けます。

小物は散らかると困るためボックスにまとめて入れると便利ですが、
うまく整理しないと逆に取り出しにくくなります。
このため、重ねて入れないように工夫し、大きさを合わせて
分かりやすくしました。

クローゼットに衣類を入れて保管するときは
そのままの状態だと分かりにくかったのですが
タンスを購入して整理するとスッキリしました。

私は頭が悪いため家づくりをすることが苦手ですが、
どのようにすればうまく収められるか知るきっかけになって良かったです。

また、ビニール袋はホコリが付くことを防げ、
汚れると困るものを入れるときれいになります。

荷物は多くなりすぎると置く場所がなくて困っていましたが、
きちんと収納をすれば収まることを知って良い発見ができました。

こだわって建てたマイホームでも、
住み始めると少しずつ
「もっとこうしたい・もっとこうした方が住みやすい」という
思いが出てくるかと思います。
その少しの気付きを見逃さず、自分たちで工夫をしていくことも
快適に暮らせるようにするためには重要なことだと改めて認識しました。

京都のおすすめ住宅会社はこちら