住宅設備の水まわりは配管が重要

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住宅を建てるにあたって、住宅設備をどうするか、という問題があります。

住宅設備と言えば、主に水まわりが挙げられますが
私の経験上では、一番重要なものから考えていくべきだと思います。

例えば、お手洗いやお風呂などは生活をする上で必要不可欠ですよね。

また、一番トラブルを起こしやすい場所と言えば
お手洗いです。(私の経験上、です…)

間取りを考える際、よくやってしまいがちなのは
お風呂のそばにお手洗いをつくること。
また、部屋数を減らすために
お風呂とお手洗いを一緒の部屋にしてしまう、等です。
すると、あるトラブルが起きかねません。

それは騒音と詰まる可能性です。

これについては排水が関係しています。
お風呂の排水システムとトイレの排水システムが結合されることで
起きるトラブルがあり、
これは、工事業者が経費削減のために敢えて
トイレの排水とお風呂の排水が合わせるようにすることがあるようです。

私の場合、まさにこのトイレの排水とお風呂の排水が
合わせるという問題が後から判明し、工事をしたことがあります。
これらのトラブルですが、事前に工事を請け負うメーカーなどに
確認すれば多分起きない問題だと思いますが
一応、私の失敗談としてこういったトラブルが
あったということで説明をしました。

ちなみにこうしたトイレの配管とお風呂の配管が同じ配管であるということは
結構あるようで、お風呂が詰まればトイレ側にも影響するので
こうした配管であるかどうかは確認する必要性があり、
万が一そうした配管であると後から分かった場合においては
再度工事をして配管を別けるか、あえて配管はそのままで
定期的に配管を掃除するかなどをしないといけないということです。


本当に住宅設備の水まわりについては結構繊細で、
お家を建てる事業者によっては配管を同じ配管で済ませようとすることも
多いので、これから自宅を建てようとする方の参考になれば幸いです。

京都のおすすめ住宅会社はこちら