住宅建築時の外観こだわりポイント

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家を建てる際、当たり前ですが
間取りや家族の要望等、
こだわるところは多岐に渡りますよね。

住みやすさに直結する部分はもちろん、
住宅の外観にもこだわりを持って
設計・施工してもらいました。

我が家が建っている街は、
建売住宅と注文住宅が混在するようなところです。
周囲を見渡すと、建売住宅は注文住宅に比べて
単純なデザインで、外観に味がないように感じました。

そこで、デザイン性にも配慮した外観になるよう
設計してもらうことにしました。

あまり、複雑な構造にすると
屋根の継ぎ目が増えて、雨漏りの危険性が増えたり、
建物全体の構造を箱型から大きく変化させると、
地震等に弱くなるとの設計士さんからのアドバイスを活かし
デザインの希望を伝えてバランスの取れた
住宅デザインにしてもらいました。

また、外観の印象を決定付けるものは
構造だけではありません。
色も、外観の重要な要素です。

住宅の色については、
街並みと調和するような色にする場合、
そして街並みの中で主張するかのように
目立つ色にする場合と2つのケースが考えられます。

また1色にするのか、2色を上手く使って
特徴を出すと言った方法もあります。

我が家は、街並みに溶け込むようにし
外観の色は主張しすぎないことを選択しました。
具体的には薄いベージュ系の1色としました。

そして玄関周辺は、同系色のタイル張りとする事で、
単純・単調になり過ぎない配慮もしました。

住宅のデザイン性に少しこだわりを持ち、
かつ色合いは、街並みの中で突出して
目立たないようにしたのです。
住宅のデザイン性と色の両方で自己主張するのではなく、
住宅の構造・デザインには少しこだわりを持ちつつ、
しかも街並みに溶け込んで、突出しない事にしたのです。

こうした外観・デザインはあくまで好みであり、
正解はないと思います。
しかし、せっかく注文住宅を建てるなら、
間取り等の生活空間だけでなく、
外観形状や外観の塗装色等も意識して、
しっかりと考え方を持って建てる事が大切と思います。


外観は街行く人に見られます。
住む人の想いが滲み出るのは外観、とも言えるかもしれません。
だからこそ後悔のないよう
しっかりと検討する事が重要だと思います。

京都のおすすめ住宅会社はこちら