なんだかんだで漆喰がおすすめ

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住宅の内装のイメージは、壁によって左右されると言っても
過言ではありません。
また、見た目だけでなく性能にも影響を及ぼします。

例えば、漆喰の壁というのがありますが
こちらは非常におすすめです。
実際、私も漆喰の壁の住宅を選びました。

この漆喰の良いところと言うとやはり調湿効果です。
湿度の高い状態だと余分な水分を吸い取り、乾燥している場合は
水分を放出する、というものです。

日本は特に梅雨の時期にとても湿度が高くなります。
湿度が高いと住宅にも悪影響を及ぼすこともありますし
日々の暮らしにも影響することがあります。
最近では、エアコンなど空調で室内の湿度の調整ということが
簡単に出来たりもしますが、住宅の機能として
調湿性があるなら、それに越したことは無いでしょう。

どの建材がどのようなメリットがあるのか、ということを
具体的に知っておくことによって
どんな家にしたいか、ということもより具体的に
決めやすくなるのでおすすめです。

前述の漆喰なんかは、昔の日本家屋であれば
当然のように使われていた建材ではあります。
しかし、現代建築においてはビニール壁紙など
様々な建材が登場し、用いられることが減ってきています。
しかし、そういった機能性や暖かみのある意匠性などが
見直され、取り入れられることも再び増えてきました。
ですので、全くなくなってきたというわけではありません。
ただ、建築材として重量感はあるので、建物全体を
重くしてしまうというデメリットもあり、大きな建物にする際には
避けられる傾向があり、仕方がない部分もあります。

メンテナンスのコストから言うと、わりと安価にできる場合もあり
個人的には、住宅においてはおすすめの建材と言えます。

漆喰の壁と言えば白色のイメージがありますが
最近では色々なカラーも出てきています。
たとえばパステルカラーで可愛らしい雰囲気にすることも可能です。
また、漆喰の壁と言えば和室ですが、
組み合わせ次第では洋室に合わせることも良いでしょう。

ぜひ皆さんも一度漆喰の家を検討してみてください。

京都のおすすめ住宅会社はこちら