マイホーム購入に必要な費用とは

今回は、みなさんのマイホーム体験記をご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰もが夢を見るマイホームですが、現実としては
お金が気になるところです。

住宅ローンを借り入れる方がほとんどだと思います。
現在は低金利の時代という事もあって、
将来的に支払う利息も少なく済みます。

しかし、無理な住宅ローンの借入をすると
返済がとても大変になり、家計を大きく圧迫してしまいます。

そのため、マイホーム購入の際には、
資金計画をしっかりと立てる必要があります。

私もマイホームを購入する時に、ハウスメーカーの方と相談しながら
入念に資金計画を立てていった経緯があります。

土地の費用、建物の費用、外構、その他の諸経費などが必要となります。

これらの費用を考慮して、あらかじめ資金計画を立案して
頭金や住宅ローンの借入予定額を決めていきます。

手持ちの資金に余裕があれば、頭金を多めに出して
将来的な返済額を少なくする事も出来ます。

私の場合は、先々の事を見据えて
無理に頭金を入れ過ぎないように調整をしました。
頭金に手持ち資金を入れ過ぎ、手持ちのお金が無くなってしまうのも
不安なため、住宅ローンとのバランスを調整したのです。

さらに、注文住宅で建てる場合には、
土地の登記や地盤調査など別途必要となる費用も発生してきます。

私が後悔したポイントなのですが、
登記費用やローンの保証料といった費用をあまり考えていなかったため、
思ったよりも高額で費用を少し見直す必要が出てしまいました。

これらの諸経費についても、当初の資金計画や
シュミレーションに反映しておけば安心だと思いました。

その他に必要となる費用としては、
内装でカーテンの施工費やインターホンなどの取り付け、
外構でカーポートや物置などといった付随する工事費用があります。

諸経費と同様に、必要な費用として計算に入れておくことを
お勧めしたいと思います。

マイホームを購入する時には、
とても多くの項目の費用が発生し必要となります。

事前にどのような費用が発生するのか、全て書き出しておいて
漏れが無いようにすると安心です。

京都のおすすめ住宅会社はこちら