トイレの設計のポイント

トイレは毎日使う空間です。

特に家族が多ければ多いほど、利用回数も増え、
家族全員が利用している時間を合計すると
かなり長い時間利用していることになりますよね。
そのため、住まいの中でも非常に気を配りたい部分でもあります。

では具体的に考えていきましょう。

まず、可能であればできるだけ大きなスペースを取るべきだと思います。
トイレが閉鎖的な空間だと非常に圧迫感があるからです。

もちろん掃除のしやすさも大事です。
掃除のしやすさやデザイン性を考えると
やはりタンクレスにした方が良いでしょう。
タンクがあるとどうしても掃除する際に邪魔になってしまいます。

また、収納についても非常に重要なポイントだと思います。
最低限、トイレットペーパー等のストックは
収納するスペースが欲しいところです。
使いたい場所に使いたいものが収納できないのは不便ですからね。
またトイレの掃除道具だけではなく、衛生用品などの
収納スペースも忘れずに確保しておきましょう。
見せたくないものは隠せるようにしまえると良いですね。

そして、夜にトイレに行きたくなることもあると思いますので、
少し贅沢かもしれませんがセンサーでトイレの周辺が明るくなる
足元の照明があった方が便利だと思います。 

さて、トイレの室内だけでなく、肝心の便器本体についても
考えていきましょう。

ウォシュレットはもちろんのこと、最近はトイレそのものが
脱臭機能を持っていたり、洗浄機能を持っているモデルがあります。

正直なところそれほど値段も変わりませんので便器を選ぶ場合も
この辺はこだわった方が良いと思います。
毎日何度も使うものですから、節約しすぎて後悔しては元も子もありません。

ちなみにトイレの壁紙ですが、
どんな壁にしようか悩む場合があると思います。
このとき、白を基調とするのがおすすめです。
トイレは遊び心のある壁にしがちですが、
毎日、何回も入る空間ですので
飽きのこない空間に仕上げる方が個人的には良いと思います。
ただ、好みは人それぞれですので
じっくりシミュレーションをして決定してみてください。

京都のおすすめ住宅会社はこちら